池田の底辺下り坂

池田ラスカル。生きづらい毎日を生き抜いていく。生活雑記。メインブログは「ラスカルのADHDライフハック(http://www.rasukaruadhd.com)」

「朝起きれない、夜は寝たくない」を本気で何とかしたい

スポンサーリンク

「朝起きれない、夜はまだ寝たくない」

物心ついた時から、そんな気持ちを持ち続けて生きている。

昨日は2時過ぎに「いい加減寝なきゃ」と思って布団に入った。アラームを30分ほど無視しまくり、11時に何とか布団から這い出た。ゼリー飲料を飲み、朝の薬を飲み、布団に戻る。二度寝。

12時半にまた目が覚める。すぐに布団から出れない。体がだるいし頭もぼーっとしている。そのまま横になったままスマホでネットサーフィンをする。そろそろ起きなきゃ、休みだけどやらなきゃいけないことが沢山あるのに…と思いながらも起きれない。

この間楽天ポイントで買ったスマートフォン用安全ハンドストラップ の使い心地が良すぎて、仰向けに寝たまま快適にスマホが操作できてしまう。このままではますます起きれなくなる。

スマホで「ADHD 朝起きれない」「睡眠リズム」「自律神経 睡眠」などで調べてみる。そして、ようやく横たえた体を起こせたのが14時半。頭がすっきりしてくる頃には、もう夕方になっている。こんな感じで休日を過ごしている。

朝が辛すぎて転職を考えるレベル

私は週に4日アルバイトをしている。朝は6時15分のアラームで目を覚ます。二度寝しないように枕元のリモコンに手を伸ばして、テレビを大音量にし、部屋の電気をつける。そしてスマホ。すぐに体を起こせない。7時になってようやく「そろそろ起きないと電車に遅れる」と焦る。

全身にたまった「だるい」という気持ちを跳ねのけて、何とか体を起こす。そして時間に追われながら慌ただしく身支度をし、ギリギリで電車に乗る。電車に乗るたびに、いつも「何とか今日も電車に乗れた、良かった」と思う。朝起きて電車に乗るまでが、一日で一番労力を使う仕事だ。

もちろん寝坊して遅刻したことはあるし、そのまま休んでしまったこともある。休んで二度寝した後の心地よさと罪悪感は何度も経験した。

最近では朝が辛すぎて「いっそ転職したい」「どうせフリーターだし家の近くでバイトしたい」「生活リズムに合わせて出勤時間遅くしたい」と考えている。そのくらい辛い。だけど何とかしたい。

今日は夕方から頭が覚醒してきて、徹夜してブログを書いている。もう5時37分だ。

〈当サイトに掲載されている広告について〉
当サイトでは、第三者配信の広告サービス( Google AdSense)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。