池田の底辺下り坂

池田ラスカル。生きづらい毎日を生き抜いていく。生活雑記。メインブログは「ラスカルのADHDライフハック(http://www.rasukaruadhd.com)」

戦友(ウォーキングシューズ)との別れと出会い。

スポンサーリンク

「合う靴がない」

この悩みを10代の頃から抱えていた。私の足は横幅が広い。足の長さは23cmだけど、23cmの靴はまず入らない。23.5cmですらキツイ。5分も履くと足の先が痛くなる。当然レディースの靴のS~Mサイズも入らない。

仕方ないので24cmの靴を履いてきた。それでも幅は少しキツイ。だけど長さはブカブカ。パンプスはすぐに抜げてしまうので、スニーカーばかり履いてきた。

24cmのブカブカのスニーカーを履いて、脱げないように靴紐をきつく縛る。靴擦れするし、スニーカーなのに履き脱ぎしにくい。

もう下駄を履いて生きていきていくしかないのではないか、そう思った。元々内向的な性格の私が、靴の悩みのせいでさらに外に出るのが嫌になり、インドアになっていった。

 

そして4年前のある日-「履きやすいスニーカー」を探していた私は、Amazonで靴を購入した。

YONEX(ヨネックス)パワークッションのウォーキングシューズ【LC30 SHWLC30 SHWLC30 731 (クロコダイルブラック/24.0)】である。

ヨネックス(YONEX)は日本のスポーツメーカーで、バトミントン用品が有名である。幅(ワイズ)が4.5Eと謳われていたのが購入の決め手だった。通常のスニーカーは3Eなので、4.5Eはかなりゆとりがある。

問題は値段だった。当時Amazonでは13,460円で販売されていた。学生だった自分にとっては高すぎる。これまで3000円前後の靴しか買ったことがなく、1万円なんてアウター、コートなどの洋服にすら出したことがない。

かなり勇気のいる選択だった。スポーツメーカーが製造するウォーキングシューズなら歩きやすいのではないかという期待を込めて購入した。幅広の4.5Eとはいえ、ワンサイズ落として失敗するのが怖くて、いつもと同じ24cmを注文した。

そしてウォーキングシューズは私の元にやってきた。初めて履いて外を歩いた時の高揚は今でも覚えている。今までの靴とは違い、横幅に十分なゆとりがあって歩きやすい。これならワンサイズ落とした23.5cmにすれば良かったと思った。だけど別売りの中敷きで調節したら、びっくりするくらい足にフィットした。

 

サイドにファスナーがついていて、ファスナーで靴のフィット感を調整できる。

ファスナーがあるから、靴紐を固く結んでも履き脱ぎしやすい。

とにかく軽いし、クッション性があって凸凹道を歩いていても安定感がある。

沢山歩いても、立ちっぱなしでも足の裏が痛くならない。

 

「パワークッション」というネーミングが芯をとらえていた。思い切って13,460円(送料込み13,810円)を出して正解だったと思った。それから4年間、毎日この靴を履いた。皮革でやや光沢のある黒のデザインで、どんな服装にも合う。

お葬式で喪服を着た日、就職活動でスーツにパンプスを合わせた日、片思いの相手とのデートで無理してパンプスを履いた日-このわずかな日を除いて、毎日この靴を履いていた。

留年と休学を重ね、毎日辞めたいと思いながら通学路を歩いていた時も、自転車で自損事故を起こして救急車で運ばれたときも、山奥にある倉庫での日雇いで、山道を片道1時間歩いた時も。

倉庫の仕分け作業でヘトヘトになりながら満身創痍で動き回った時も。初めての日雇い現場で道に迷って、3時間彷徨った時も。仕事を欠勤して失踪した時も。1年半続けた冷凍倉庫でのアルバイトでは、毎日往復2時間弱歩いて通勤していた時も。朝のゴミ出しに行く時も。

夏の暑い日も、雨の日も、雪の日も、いつもこの靴を履いていた。この靴で社会と戦ってきた、いわば戦友だった。

そして4年間も履きつぶしてボロボロになった。

 

かかとのクッション部分はかなり破けている。

f:id:sayashi:20180212171553p:plain

 

靴の裏もすり減ってボロボロである。

f:id:sayashi:20180212171455p:plain


この靴は履けば履くほど足にフィットしていった。まだまだ履き心地は良かったけど、見た目がみずぼらしいので、買い替えることにした。Amazonのアカウントで購入履歴をたどり、同じ靴を買おうとした。

 

しかし

f:id:sayashi:20180212172643p:plain

 

この商品は現在お取り扱いできません。

 

ショックだった。私の愛着していた「LC30 SHWLC30 SHWLC30」の型番の 731 (クロコダイルブラック)は発売停止となっていた。

しかしヨネックスのパワークッションのウォーキングシューズは他にも種類があるため、デザインが変わるだけで履き心地は問題ないだろう。この4年間で、私のヨネックス・パワークッションに対する信頼は絶対的なものになっていた。

 そして私は再びAmazonで型番「LC30W SHWLC30W」のブラックを注文した。

 

 

以前と同じ靴幅4.5Eのため、ワンサイズ小さい23.5cmを選択して購入した。無論、試し履きなんてしていない。送料無償、サイズが合わなくても無料で返品できるので強気だった。

フリーター、手取り11万で一人暮らし、美容院のカットは2,800円の私でも、この靴に出す10,780円は惜しくなかった。

 

速やかに配送された。

f:id:sayashi:20180212173739p:plain

[ヨネックス] YONEX ウォーキングシューズ POWER CUSHIONLC30W SHWLC30W ブラック

以前の型番と比べると、ソールや留め具のジップアップなどの作りは同じ。クロコダイル模様がなくなり、シンプルなブラックのデザイン。ヒールは1cm高くなった。
ワンサイズ落として24cmから23.5cmにしたので、ドキドキしながら履いた。

ワンサイズ落としても、横幅には十分ゆとりがあった。23.5cmの靴をキツイと感じなかったのは人生で初めてだった。軽くてソフトな履き心地、クッション性、フィット感は前のタイプと比べても遜色がない。期待通りである。

 

無人島に何かひとつ持っていけるなら-もしそんなことを聞かれたら、私は迷わずにこの靴を持っていくだろう。

これからもずっと、この靴と一緒に、どこまでも続くデコボコ道を歩いていきたい。(BGM:ルキンフォー/スピッツ)

〈当サイトに掲載されている広告について〉
当サイトでは、第三者配信の広告サービス( Google AdSense)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。