池田の底辺下り坂

フリーター。ADHDと不安障害。生きづらい毎日の記録。

残酷な未来を仮定して生きていく

f:id:sayashi:20190222222010j:plain

 

2009年が10年前のことだなんて信じられない。あの時の私は高校生で、冴えない生活を送っていながらも、自分の進路は正しくて明るいと思い込んでいた。

そして、気が付けば年齢は20代後半になった。留年、休学、休職、発達障害の診断、離職を繰り返し、手取り12万でフリーターをしている。

貯金もなく、まっとうな社会生活から取り残されたまま。だけど年齢だけは確実に重ねている。ベットの上で何もしていない時間も、ただツイッターのタイムラインを追って潰した時間も、感情を押し殺して単純作業に没頭した時間も、全ては取り返しのつかない貴重な時間だ。

陽の当たらない場所で、若さを日々消費している。

 

きっとこのまま30歳になり、10年後にも同じような日記を書いているだろう。そして中年になり、高齢者になったとき、私はどうしているのだろうか。

手取り12万で貯金もできないまま、国民年金の支払いもずっと免除になったまま、老人になる日が来る。独り身で頼れる友達もいないだろうと想像する。そして身体的な健康を失って、病気になったり、動けなくなる。

今日の仕事の帰り道で、目の前を歩いていたお婆さんのように、ふらふらになりながら杖を握りしめなければ歩けなくなる。

未来の私は、今とは比べ物にならないくらい惨めで、身寄りもなく、残酷な暮らしをしているのかもしれない。

そんな残酷な未来を想像して、勤務中に泣きそうになった。

 

もらえるか分からないけど年金は払えるようになりたいし、何とかして収入を増やしたいし、少しづつ貯金ができるようになりたい。

まだ若くて体が動くうちに、未来の自分を助けたいと思う。未来の自分を助けられるのは、今の自分しかいない。

 

 

未来は毎日の積み重ねだ。

先日読んだ本、「やめられなくなる、小さな習慣」のキャッチコピー、“理想の自分は「習慣」の先にある”という言葉が心に引っかかった。今の毎日の行動が、未来の自分を作っているのだ。

だからすぐに効果が出ないことも続けたい。毎日ニュース記事を音読する、社会不安障害を改善するために、暴露療法として意図的に不安な状況に挑んでいく。少しでも健康でいるために筋トレをする。勉強をする。

アルバイトとブログ、そして在宅ワークのクラウドワークス で小銭を稼ぐ。節約する。切り詰めていく。

未来が幸せかどうかは分からない。だけど過去を振り返ったときに「あの頃頑張ってたな」と思いたい。出来ることをしたい。

 

 

残酷な未来を仮定することも、時には必要なのかもしれない。

今持っているものを失うことを仮定すれば、今の自分が恵まれていることを実感できる。残酷な未来を仮定することが、行動を起こす動機になる。

毎日、出来ることをしよう。


〈当サイトに掲載されている広告について〉
当サイトでは、第三者配信の広告サービス( Google AdSense)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、当ブログではAmazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・A8net・リンクシェアのアフィリエイトプログラムを利用しています。

〈アクセス解析ツールについて〉
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。