池田の底辺下り坂

フリーター。ADHDと不安障害。生きづらい毎日の記録。

【日記】生活するために生きている

朝は起きたくない。

二度寝しないようにスマホを片手に布団から這い出てる。窓際に敷いたヨガマットの上に横たわり、レースカーテンから差し込む光を、ぼんやり眺める。

『後に光を浴びることで、体内時計がリセットされる』

どの睡眠の本を読んでも必ず書いてある。知識はあっても、習慣化するのは難しい。昨日は珍しく早く寝たのに、どこかすっきりしない。

何とか目を覚まして、キッチンへ。一昨日作ったカレーをレンジで温める。食べながら、スマホでニュースを読む。コロナ禍で、マスクで顔を隠せるので、メイクは手を抜いて済ませる。天気予報を確認して、アルバイト先へ向かう。

 

4連休明けの職場は慌ただしく、溜まった仕事をひたすら片付ける。単純作業を必死に繰り返す。この仕事をロボットやAIに奪われる日は、遠くないだろうと想像する。

昼休憩。ランチバックには、Amazonで箱買いしたクロワッサン、栄養補助食品、紙パックのコーヒーを詰めている。

 

f:id:sayashi:20200923234522p:plain

 

お弁当を作るのは面倒、毎朝出勤前にコンビニに立ち寄るのも面倒、そんな惰性から辿りついたランチメニュー。食べ終わるとスマホを取り出して、帰宅したら何をしようかと考える。いつも家に帰ると、だらだらと過ごし、気が付けば0時を過ぎてしまう。

“まっとうな生活”をしなければいけない。そんな気持ちで、Googleカレンダーに帰宅してからの予定を入力した。

 

f:id:sayashi:20200924000056p:plain

大概、予定通りには行かないのだけれど。

 

午前よりも、午後の方が時間が長く感じる。一人で黙々と作業をして、退勤の時間が来るのを待ちわびる。退勤時間が来ると、一刻も早くタイムカードを押して、職場から立ち去る。1秒でも早く家に帰りたい。

 

帰宅したら、作り置きのご飯で夕食を済ませる。

 

 

ひとしきり休んだ後、スーパーに買い出しへ行く。閉店1時間前のスーパーは、人が少なくて快適だ。散歩がてら、少し遠回りをして帰宅する。

いつも夕食を食べた後に、翌日の食事を用意する。片手鍋いっぱいに、具沢山の味噌汁を作った。冷ました後、鍋ごと冷蔵庫に入れて、2日かけて消費する。

 

f:id:sayashi:20200924003337p:plain

 

食事は、一度で大量に作る。野菜は味噌汁か鍋料理で消費する。一人暮らしを始めて10年、家事はとにかく煩わしい。

ADHDなりに、少しでも手を抜いて、生活を試行錯誤する。

 

帰宅してからの時間は、あっという間に過ぎていく。時間に追われるようにお風呂に入り、薬を飲み、アラームをセットする。

「23時までに寝る。8時間しっかり睡眠をとる」

何度も決心しては、失敗を繰り返している。

 

今日も0時を過ぎて、急かされるような気分で、布団に入る。寝て、起きて、また同じ1日が来る。

“居心地の良い暮らし”を夢見るけど、うまくいかない。1日7時間半のアルバイトを続けながら、一人暮らしをする。そんな生活を取り繕うので精一杯だ。

明日も、生活するために生きていく。

〈当サイトに掲載されている広告について〉
当サイトでは、第三者配信の広告サービス( Google AdSense)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、当ブログではAmazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・A8net・リンクシェアのアフィリエイトプログラムを利用しています。

〈アクセス解析ツールについて〉
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。