池田の底辺下り坂

フリーター。ADHDと不安障害。生きづらい毎日の記録。

【日記】フリーターの仕事納めと、シチューかけご飯

今日も機嫌悪くアラームに起こされる。直後、仕事納めの日であることを思い出し、沈んだ気分が軽くなった。月曜日だけど、何だか金曜日みたいな気分だ。

冷蔵後には、昨日作ったホットケーキのタネがある。お腹は空いているけれど、焼くのが面倒くさい。少し前にブックマークしたレシピを思い出し、タネの入ったタッパーごとレンジにかけてみる。

不格好に膨らんだけど、味は十分美味しい。手抜き朝食のレパートリーが広がった。

 

ポンコツフリーターの仕事納め

バイト先に向かう。仕事納めと言っても、納めるような大層な業務はない。いつも通りのルーチンワークをこなす。

単純作業は、雑念との戦いだ。すぐに気が散ってしまい、同じミスを繰り返す。個数が違う、入力が違う、種類を間違えている。

そんな指摘が午前に3つもあり、気を落とす。昼休みも午前中の失敗が気がかりで、頭を悩ませる。

子どもの頃は「働く大人」に憧れていた。大人になった今、働くことは、ポンコツの自分との闘いだ。

「午後を乗り切れば連休」と自分に言い聞かせ、何とか気を張って作業をする。午後はミスを1つもしなかった。終わりよければ良し、と心の中で呟いて、退勤した。

シチューかけご飯

f:id:sayashi:20201229134621p:plain

学校給食みたいに細かく刻んだ野菜

職場を出て、スーパーへ急ぐ。昨夜、シチューかけご飯の記事*1を読み、シチューを作ると決めていた。にんじん、玉ねぎ、もも肉、ルウを買って帰宅する。

ご飯にかけるシチューは、できるだけ具が小さいほうが良い。そして、ルウは濃いめの方がおいしい。小学校の給食のみたいに、小さく刻む。2日後に帰省するので、冷蔵後の中身を使い切りたい。水の半量を牛乳で代用し、冷凍庫のほうれん草を使い切る。

いつも1人暮らしとは思えないくらい大量に作り、次の日も食べる。ルウを1箱使い切れるほど鍋に入れたら、つい吹きこぼした。もっと大きな鍋を買おう。

f:id:sayashi:20201229134710p:plain

米が埋もれるほどのシチューかけご飯



完成する。

米が埋もれるほどたっぷりルウをかける。具材の小ささ、ルウの濃さがちょうどご飯とぴったり合う。

 

コロナ渦での帰省

コロナ関連のニュースをチェックする。羽田議員の突然死と変異種発生の報は、コロナ楽観論者だった私を変えた。

だけれど全く人と接触していないし、自覚症状もないのだ。帰省しても、実家にこもり、食事は離れて食べ、話す時はマスクをつけよう。それなら問題ないだろう。

そこまでして帰りたくなるのは、あまりに人間味のない生活をしてる反動だ。このワンルームの部屋には家庭がなく、生活があるだけ。

起きて、食べて、帰って、食べて、お風呂に入って、寝る。面倒な暮らしを、いかに最低限の労力でこなす。社会から切り離された部屋で、心を休める。

ただひたすら、一人で生活を繰り返している。

〈当サイトに掲載されている広告について〉
当サイトでは、第三者配信の広告サービス( Google AdSense)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、当ブログではAmazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・A8net・リンクシェアのアフィリエイトプログラムを利用しています。

〈アクセス解析ツールについて〉
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。