池田の底辺下り坂

フリーター。ADHDと不安障害。生きづらい毎日の記録。

4年半前に作った替え歌「25の夜」

日雇いのアルバイトで食いつないでいたあの頃。25歳の夜に作った替え歌。

 

25の夜

 

ゴミだらけの部屋の中 夢ばかり見てる私
発達障害の壁の向こう 届かない夢を見てる 
やり場のない 書きかけの履歴書 破りたい
社会の底 心押し殺す 死ぬしか逃げ場もない


しゃがんでひとりで 背を向けながら
心ひとつも解りあえない人達をにらむ
そして大人達は今日も 人生の計画を立てる
自分はとにかくもう倉庫や工場には行きたくない
自分の価値が何なのかさえ 解らず震えている
25の夜
 
バイトを休んで二度寝する 行き先も解らぬまま
暗い部屋の布団の中へ
誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの部屋で
自由になれぬ気がした 25の夜

 

厳しい社会 冷えた心 人恋しくて
Twitterにログインする シニタイつぶやき嘆き出す
闇の中 ぽつんと光る いいねの通知
すぐに手に入るぬくもり 熱いスマートフォン握りしめ 明日の生活も解らないけど
私はずっと届かない世界 15から夢に見てる


医者達は心と障害と向き合えと言うが 社会は受け入れないのさ
退屈な 人生が私の全てだというならば
なんて苦しくて なんて意味のない なんて無力な 25の夜

 

送迎車に乗り走り出す 行き先はパン工場
暗い闇の労働者の中へ
覚えたての作業でミスし コンベアー睨みながら
答えを求め続けた 25の夜
  
日雇いバイトで食いつなぐ 行き先も解らぬまま
暗い闇の社会の底で
未来は良くなると信じ 逃げ場のない心で
大人になれた気がした 25の夜

 

 

今は無期雇用アルバイト労働者になりました。

 

15の夜

15の夜

  • 尾崎豊
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

〈当サイトに掲載されている広告について〉
当サイトでは、第三者配信の広告サービス( Google AdSense)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、当ブログではAmazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・A8net・リンクシェアのアフィリエイトプログラムを利用しています。

〈アクセス解析ツールについて〉
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。